2014.12
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 

女子硬式テニス部

2014.11.28

こんにちは!女子硬式テニス部部長の志賀麻希です。
私たちテニス部は2年生6人、1年生5人の計11人で、週6日間活動しています。
練習メニューは志賀と副部長の川上を中心に考え、平日の短い練習の中でも強くなっていけるよう、毎日集中して練習に取り組んでいます。
冬は外が暗くなるのが早く、ボールに触れる時間も短くなってしまうので、より一層集中して練習に取り組もうと考えています。この時期は17時半頃に暗くなってしまい、ボールが打てなくなってしまうため、筋トレで体幹を鍛え、ダッシュやリレーで持久力とフットワークを鍛える時間としています。


DSCN1634.JPG


私たちチームの目標は、「県大会ベスト16!」です。8月下旬、新人戦地区大会が行われました。団体戦ではシングルス3人、ダブルス2組の計7人で戦います。
テニスは個人競技が主となりますが、団体戦は唯一、チームワークが発揮される場です。
チーム全体で「団体戦頑張ろう!絶対優勝しよう!」と誓いました。
試合に出場するかしないかに関わらず、チーム全員が「絶対に勝つ!」という気持ちで試合に臨みました。
当日は1日何試合も戦わなくてはいけないので、残暑が厳しくとても辛かったですが、何とかみんなで地区優勝を勝ち取ることができました。団体戦の他にもシングルスでは川上が地区2位、志賀・川上のダブルスが地区3位の結果となり、以上の3種目で県大会出場を決めることができました。

DSCN12.JPG


先日行われた県大会では、シングルス・ダブルス共に1回戦で敗退してしまいましたが、団体戦では1回戦を突破し、2回戦を突破すれば目標だった「県ベスト16」を果たせたのですが、もう一歩のところで敗退してしまいました。
どの種目も地区大会とはレベルが違い白熱した戦いばかりでした。そんな試合を目の当たりにし、私たちの『負けず嫌いな性格』に火が付き「もっと強くなりたい」という気持ちが全員強まった気がします。

DSCN1638.JPG


現在は11月下旬にある1年生大会に向けて、1年生全体のレベルアップを目指して頑張っています。2年生は残り少ない大会で、いい結果を残し1日でも長くテニスを続けられるように、チームを盛り上げながら頑張っています。

そんなテニス部は、部員1人1人の個性は強いのですが、元気で活発な子が多く、にぎやかでとても仲が良いです。

もちろん、練習時の声出しや、勝負に対するこだわりがまだまだだと反省する部分もあります。でも、部員全員でもっともっと盛り上がり、「応援されるチーム」となれるようこれからもがんばっていきます。

トラックバック(0)|投稿者:kaiga

女子バスケットボール部です。

2014.11.20

こんにちは!女子バスケットボール部です。

女子バスケットボール部は、キャプテン青山千亜希(南総中学校)、副キャプテン佐藤美沙樹(南総中学校)を中心に、2年生7人、1年生7人の計14人で活動しています。
コート内では先輩後輩関係なし!毎日切磋琢磨しながら練習に励んでいます。
新人戦が終わり、今はまた一から体作りのためにトレーニングとシュートを中心に練習しています。
バスケはやっぱり『走ってなんぼ!』の競技、ラントレーニングは苦しいけれど、みんなで声を掛け合い、厳しい練習だからこそ元気に明るく乗り越えます。


111.jpg


~校内合宿~
毎年夏休み中の7月下旬に行われる3泊4日の校内合宿。東京から複数のチームが来て、一緒に練習します。100人近くの大人数での練習は、いつもの練習とは違ってとても新鮮で面白い練習ばかりです。
なかにはすごく辛いメニューもありますが、そんな時にチーム関係なく全員が声を掛け合い、気持ちを高めあう事で初対面とは思えない一体感が生まれました。
ライバルであり、共に汗を流し、同じ釜の飯を食べる仲間たちと過ごす3泊4日は本当に充実しています。

~学園オリンピック~
学園オリンピックでの去年の成績は準優勝でした。今年も『去年の成績に挑戦!』という目標で臨みましたが、強豪チームを打ち破ることができず目標達成はできませんでした。
しかし、課題がたくさん見つかり、その後の練習にはさらに向上心を持って取組むことができ、気持ちの面での成長を実感しました。

私たちのスローガンは『完全燃焼!!』力を完全に出しきり、望みどおりの成果が出せるように、辛い練習もみんなと一緒に乗り越えていきます。

“勇気と自信を呼ぶ言葉!”

“嬉しい、楽しい、素晴らしい! 優しく、明るく、元気です!!”

“やります、できます、信じます! 全ては自分の中にある!!”


2316.JPG


試合や練習は、この誓いの言葉から始まります。
言葉を実行に移し、どんな課題も一つ一つ乗り越えられるチームを目指します。練習の時からみんなで声を出し、試合中は、勝っている時はもちろん、負けている時こそ全員で声を出し、みんなから応援されるチームにしていきたいです。

応援よろしくお願いします。

トラックバック(0)|投稿者:kaiga

女子陸上競技部

2014.11.13

短距離キャプテン:松本理夏子

私たち陸上競技部は短距離7人長距離6人計13人と少人数ですが、そんなことを感じさせないくらい元気で個性的なチームです。
それぞれの「未見の力」を信じ、集中すべき時と楽しむ時のオン・オフの切り替えがしっかりできるチームでもあります。「未見の力」とは、自分自身の未だ見ぬ力や、内に秘めた可能性を表します。誰しもが「未見の力」を持っているので、それを引き出せるように日頃の練習から手を抜くことなく皆で切磋琢磨しています。

短距離は新チームになり、多くの大会や記録会を経験しました。
そして、千葉県高等学校新人陸上競技大会・関東高等学校新人選抜大会・日本ジュニア・ユース大会を通じ課題も見つけることができました。大会を重ねるごとに一人一人の「個々の走り」や「リレーでのバトンワーク」に対する意識の持ち方が変わり、チームとして大きく成長できたと感じています。

特に、10月に出場した日本ジュニア・ユース大会では、日本全国から集結した選手たちのレベルの高さや、質の高いウォーミングアップの様子を見て、感じて、驚くとともに焦りや悔しさも感じました。

来年は、私たちも全国大会の決勝の舞台で最高のパフォーマンスが出来るよう、冬期練習の一本一本を良い緊張感で走り、常に向上することを目指して努力を続けています。
短距離は、11月でトラックシーズンが終わってしまいますので、残りの大会の一つ一つを大切にし「感謝の気持ち」を忘れず走っていきたいと思います。


長距離代表:松本 奈津

長距離は11月1日に行われた千葉県高校駅伝を境に新チームとなりました。
千葉県高校駅伝では8位入賞を目標にしていましたが、結果は19位でした。
自分たちが目標としていた入賞の壁の高さを改めて実感しました。また、同時に来年こそは「絶対入賞」という明確な目標が生まれた瞬間でした。そのためにも今回の悔しさを忘れずに、日々の練習から小さな積み重ねを大切にしていきたいと思っています。


日頃の練習では、短時間の中で効率よく集中して行うことを心掛けています。
合宿などでは普段よりも長い距離を走り込むこともあります。長距離に携わっていない人からしてみれば、楽しさがわからないかもしれません。
正直、走っているときには辛さや苦しさもあります。しかし、完走した時や大会にて自己記録を更新した時には、この上ない達成感や喜び、嬉しさが体中から湧き上がり、心の底からガッツポーズをしてしまいます。

これから春まではロードレースなどが中心となりますが、自分自身に負けず、そして普段から支えてくださっている方々に感謝の気持ちを持ちながら、競技面とともに人間としても大きく成長できるように「未見の力」を信じて頑張っていきます。

0001.JPG

トラックバック(0)|投稿者:kaiga

女子ソフトボール部

2014.11.06

こんにちは!ソフトボール部です!

部長 鈴木杏奈 と 副部長 首藤朱音 です。
私たちは、2年生5人、1年生15人の計20人で活動しています!
みんな明るく元気でとても個性的な人が集まり、いつも笑いが絶えないそんな部活動です。
私たちは広いソフトボール場で顧問の八巻先生と堀先生が、1人1人にしっかりと指導してくださる恵まれた環境の中で練習しています。去年は人数が少なく大変だったのですが、今年は人数も多く、仲間同士で競い合いながら日々練習しています。

私たちのモットーは「心は技術を超える」です。
技術の上達はもちろんですが、心を鍛え、「気持ちだけはどこのチームにも負けない」そんなチームを目指しています。


1-2.jpg


今年の夏休みはたくさんの練習試合や大会を経験し、今のチームに足らないところを確認できました。夏の一番初めの公式戦となる宍倉杯では、それぞれの気持ちがかみ合わず、全く自分たちのプレーが出来ませんでした。先輩達とソフトボールが出来る最後の大会だったのに、とても悔いの残る大会となってしまいました。しかし、この大会の悔しさがチームを“ひとつ”にしたのではないかなと思います。

『ソフトボールを楽しむ!そして絶対に勝つ!!
その気持ちだけはどこのチームにも負けたくない!!!』

02.jpg


みんなそんな想いで練習をしていたように思います。そして、どんなに辛く厳しい練習でも八巻先生がおっしゃっている、【限界+1(プラスワン)】の精神で乗り越えてきました。そして、自分たちのプレーが少しずつ出来るようになり、9月に福島県で行われたクリスタルカップでは、東日本の各県を代表する強豪チームが参加するなか、第4位という成績を残せました!

クリスタルカップでいい結果を残せましたがこの結果に満足せず、今のチームの目標である
「11月の新人戦でベスト4以上に入る」
ことを達成できるように大会までの残り1か月を大切にしていきたいです。そして春・夏の大会では、昨年度の3年生達が残してくれた「総体ベスト4」をうわまわる結果を残し、そして望洋高校ソフトボール部創部初の優勝を目指し頑張っていきます。

この恵まれた環境で自分たちの大好きなソフトボールをやらせてもらっている。
その感謝の気持ちを常に忘れず、そして元気で明るく最後まで諦めずに戦うという「望洋カラー」を公式戦の舞台で表現できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!

トラックバック(0)|投稿者:kaiga

 

【ページの最上部へ】