東海の生徒達はみんな熱い!毎年恒例の体育祭は正に魂のぶつかり合い。クラスTシャツ作成そして真剣勝負・・・溢れ出るほどのパワーとヒラメキに感動の瞬間です。私も大好きな東海の生徒達に負けじと熱い魂で奮闘7年目。
趣味はドライブ・スキー・野外BBQ…基本的にアウトドア派。夏はあっづくて(暑くて)、冬はさんむい(寒い)山形気候を物ともせず日々満喫中。我が東海大山形ソフトボール部の応援もよろしく!
2012.08
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

富士山+FUJIYAMA

2009.03.31

DSCF9872.JPG
富士山をバックに富士山になるソフト部員。
IMGP8191.JPGIMGP8192.JPG
(左)新2年生 (右)新3年生

3日間とも、そこそこ天気に恵まれ、充実した時間を過ごすことが出来ました。
今回は入部希望の新入生をも連れ立っての遠征でしたが、全員で30名を超える集団の移動となれば、結構目立ちます。
チームは、行動が素早く、テキパキと動ける集団でなければなりません。
グラウンドでのプレー以外でも、勝敗に影響するものがあると考えますし、個々の人間性を磨くいという意味でも、いい集団でありたいと思っています。
 
3塁ランナーコーチャーに立つ安孫子先生の貴重な写真はこちらでチェック⇒TOKAIソフト部ブログ

いよいよ明日から2009年度がスタートします。


 

トラックバック(0)|投稿者:

静岡・富士へ

2009.03.26

明日から、我がソフトボール部は県外遠征に出かけます。
行く先は静岡県富士市。
DSCF3766.JPG
写真は去年の富士遠征での一枚。
遠征って、まぁ合宿のようなもの。もちもん、目的を持って臨むわけですから、乗り越えなければならないハードルが立ちはだかることになります。
私の過去の記憶からすると「過酷」だけが頭を駆け巡りますけど…
今の立場になって考えること。こんな写真が撮れる「楽しさ」も絶対必要だなと思っています。
 
また今年も、とっておきの笑顔の一枚が撮れるように。その為にも充実した遠征にしたと思います。

トラックバック(0)|投稿者:

伊勢名物・名古屋名物

2009.03.24

前回のブログの続き。
この3日間で食べた伊勢・名古屋名物の数々を紹介します。
DSCF9845.JPGDSCF9846.JPG
(左)きしめんと(右)味噌煮込みうどん
同じお店で、それぞれ好きな方を注文。私はきしめん。麺の太さはさすがですが、お醤油味で食べ難さはない。鰹節がどっさり入っています。
味噌煮込みの味噌がやっぱり特徴なのだと思います。「八丁味噌」仕立てが、いまいち食べなれていない感…それに加えて、うどんが一瞬「湯で時間が足りなかった?」と思うような、こしがない不思議な食感。
DSCF9870.JPGDSCF9857.JPG
(左)名古屋名物「モーニングセット」(右)伊勢名物「赤福
ホテルの朝食を取らずに、近くの喫茶店へ出掛けてモーニングセット。朝食を喫茶店で!というのが日常的らしい。早朝から喫茶店がオープンしているなんて山形では考えられない。毎朝、ごはん党の我が家としても考えられない。トーストにゆで卵、コーヒーがセット。私はコーヒーじゃなくて『バナナジュース』を注文。写真手前の不思議な容器に入って登場。
雨降りで寒さが厳しく、女3人で赤福本店で「赤福&お茶セット」。赤福3個ってかなりお腹いっぱいになります。温かいお茶に癒されました。
P1140926.JPGP1150261.JPG
(左)味噌カツ(右)ひつまぶし
実は、この2つの名物は私は食べていません。というか食べれなかった…結局、旅行中は食べること三昧でいつもお腹がいっぱい状態。男性陣がこれでもかと言わんばかりに最後まで「名物巡り」を堪能しました。写真はその中のある方から拝借。

やっぱり、地方によって味(だし?)が違いますよね。特に感じたのはお味噌です。私は、いつも白味噌寄りの合わせ味噌を好んでいますが、『赤だし』と言われる八丁味噌仕立てのお味噌汁は、なんだか強烈でした。

それでも、旅行先の味を楽しむというのは旅行の大事な要素なのだと思います。大満足!

トラックバック(0)|投稿者:

出掛けておりました。

2009.03.16

先週、12日から14日まで2泊3日で、ちょいと出掛けておりました。
 
行き先は…
DSCF9853.JPGP1150008.JPG
P1150040.JPGDSCF9866.JPG
かなりレトロ感を感じると思いますが…夫婦岩、伊勢神宮、赤福本店、関宿の写真です。
2日間、雨に降られ、南に行った気がしない寒さが堪えましたが、満喫してきました。
 
決してひとりで行ったわけでなく、あるグループで出かけてきたのですが、
これがまた個性派の面々が集まっていまして、ある意味暇をしない3日間でした。
 
この間、伊勢志摩・名古屋の名物を端から端まで食してきました。
おかげで体重増。。。口にしたおいしい物は次のブログで紹介しますね!

トラックバック(0)|投稿者:

図工の時間

2009.03.11

ここ一週間ほど…皆川先生が教具室にこもって、もくもくと作業をしています。
はさみ、カッター、ベニヤ板、画用紙、発泡スチロール、ネジ、鎖…机に広がる謎の品々。
まるで工作をしているかのような状況です。
 
作業途中の製作品を隠し撮り。こんな感じ。
DSC01655.JPGDSC00317.JPG
一体これは何なんでしょう?
皆川先生は数学担当だし、パッと見た感じも数学の匂いが漂っていますよね!
何が完成して、どのように活用するのか?
全貌が明らかになるまでには、もう少し時間がかかりそうです。
  
それにしても、こういう時に何かと役に立つ100円ショップ。
えっ、こんな物まで!という品揃えにビックリしてしまいます。
100円という安価に、ついつい衝動買いをしてしまうという危険性を秘めていますが、ずいぶん役に立ちます。
そんな中、皆川先生の道具箱の中から、見慣れないものを発見。
修正テープのような形状で、引っ張ると色テープが出てくる優れもの。色もさまざま揃っています。
よく見ると、「TOKYU HANDS」の値札シールつき。
DSC00318.JPG
大学時代、東急ハンズに行けば、何時間でもいれたっけ。東急ハンズには、決して飽きることのない魔力があるんですよね。
残念ながら、山形には東急ハンズがないので、かれこれ10年近く行っていないかもしれません。
 
皆川作品の完成まで、もう少々お待ち下さい。また隠し撮りして、ブログで報告しますね。
 
 

 

トラックバック(0)|投稿者:

余韻

2009.03.10

3月1日の卒業式から10日が経ちました。
翌々日から再開した学校は、いつも通り1、2年生が登校し、学年末テストをこなす日々。
いつもの空気が流れていました。
  
この間、みんなで卒業式の余韻に浸る暇なんてないのですが…
 
『ひとり余韻』に浸ってみました。
卒業記念に作った『3年間の思いで巡りDVD』のひとり鑑賞。
 
3年前は、みんな若かったねぇ。私も。
 
仲間がいるっていいよね。
 
みんなの笑顔がやっぱり最高!
 

某保険会社のCMじゃないけど、小田和正の曲って、なんでこんなに趣があるのでしょう。
先生たちの手作り映像も、本当に素敵な作品に仕上がりました。
ジャケットは私がデザインしたよ。
桜イメージでこんな感じ。
DSC00312.JPG
  
ブログをご覧の皆さんにも映像をご覧いただきたいところですが…
無理なんですよね。残念です。
 
 

トラックバック(0)|投稿者:

バトンタッチ

2009.03.09

学校は、3年生から2年生にバトンタッチされました。
生徒会活動、部活動など目に見えるバトンの受け渡しはしっかり行われ、安心して3年生は卒業していきました。
 
同時に、2年生は自分の進路達成に向けて、本腰を入れる番が来ました。
卒業生の1年前を思い返しても、この時間はあっという間に過ぎてしまうのです。
 
進路に向けての実践的な動きが始まりました。
第1弾は『東海大学オープンキャンパス』への参加です。
付属推薦制度を利用して東海大学へ進学を希望する人がクリアすべき第1関門。
オープンキャンパスの様子はこんな感じ。写真は飯沢先生から拝借しました。
DSC01655.JPGDSC01683.JPG
   
ソフト部のオープンキャンパスに参加した2人が東京土産を買って来てくれました。
『名菓ひよ子』
DSC00314.JPG
「勉強しに行って来たんだから、お土産なんていらないんだよ~」
といいつつ、
「先生の結婚記念日ですから~!」なんて言ってくれて、本当にめんごいんです。
せっかく買って来てくれたので、ありがたく頂戴しました。
 
名菓とあるだけに、昔から有名な東京土産のひとつですよね。
それでもパッケージが随分カラフルになったなぁと。味は昔と変わらず…うまい。

トラックバック(0)|投稿者:

第31回卒業証書授与式

2009.03.03

3月1日、巣立ちの時を迎えました。
多くの保護者の方々、そして恩師、後輩達に見守られながら、立派に式典に臨むことができた彼ら達を誇りに思いました。
 
学年主任の岡田先生が、前日に発行した学年便りに『名前は祈り』という詩が載っています。
*************************************
名前はその人のためだけに
用意された美しい祈り
若き日の父母が
子に込めた願い
 
幼き頃 毎日、毎日
数え切れないほどの
美しい祈りを授かった
 
祈りは身体の一部に変わり
その人となった
 
だから 心を込めて呼びかけたい
美しい祈りを 
     毛利 武
*************************************
前日に、この詩を読んでいたので、一人ひとりの名前を呼ぶ瞬間、一層重みを感じて、かみ締めて、しっかり顔を見て、声を発しました。
素晴らしい返事が、きっと保護者の方々にも届いたことでしょう。本当に感動的でした。
DSC_0121.JPGDSC_0122.JPG

終了後、教室で最後のHR。
卒業証書を手渡しし、ご両親や仲間に一言、感謝の気持ちを伝えました。「ありがとう」
DSCF9830.JPG

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】