東海の生徒達はみんな熱い!毎年恒例の体育祭は正に魂のぶつかり合い。クラスTシャツ作成そして真剣勝負・・・溢れ出るほどのパワーとヒラメキに感動の瞬間です。私も大好きな東海の生徒達に負けじと熱い魂で奮闘7年目。
趣味はドライブ・スキー・野外BBQ…基本的にアウトドア派。夏はあっづくて(暑くて)、冬はさんむい(寒い)山形気候を物ともせず日々満喫中。我が東海大山形ソフトボール部の応援もよろしく!
2013.11
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

10月8日 健康スポーツコース【ゴルフ実習】

2013.10.25

2年生総合学習コースの健康スポーツ選択のメンバーはゴルフ実習に臨みました。
これまで、学校のグラウンドや練習場でクラブの握り方やスイングの練習を重ねてきましたので、コースに出ての実践ということになります。
いつもお世話になっている上山ゴルフガーデンのショートコースに挑戦です!
P1009789.JPG P1009791.JPG
一打目。
まずはヒットすること!そして真っ直ぐ飛ばすこと!
なかなか上手くいきませんね…きれいに打てると、何とも言えない快感を得ることが出来て♪
DSC01688.JPG DSC01674.JPG
だいたい3~5打でグリーンに到達。
パットが、これまた難しくって…ここで+3打ぐらい重ねてしまいます。
DSC01482.JPG DSC01486.JPG
私も一緒にコースを回りました♪
各グループで競いながら、そして工夫しながら9ホール達成!
私にとっての収穫は、なによりいい運動になったこと!
DSC01680.JPG P1009794.JPG
秋の気配を感じながら、おいしい空気を吸って♪
やっぱり外のスポーツは気持ちがいいですね(*^_^*)
P1009790.JPG P1009793.JPG
  


 

トラックバック(0)|投稿者:

建学祭企画~CASA SPECE~

2013.10.10

大変遅くなってしまいましたが、9月初めに行われた建学祭の様子です。
2年6組では不用傘を使ったリメイク作品を作ることを企画しました。
夏休み中から作業開始です。

まずは不用傘を回収して、分解する作業。
DSCN9615.JPG DSCN9621.JPG
DSCN9624.JPG DSCN9616.JPG
洗って乾かします。
DSCN9629.JPG DSCN9632.JPG
さらにさらに、細分化。必需品はハサミとリッパー。
P1009451.JPG P1009610.JPG
大きなタープを作ってオープンカフェのスペースを作る!という、とてもスケールの大きな企画となりました♪
いよいよ、同じサイズに切りそろえた傘布を縫い合わせていきます。
P1009628.JPG P1009627.JPG
お裁縫ということで、どうしても女子の作業が多くなってしまったのですが、
黙々とよくやってくれたと思います。
男子班は、イベントの広告作りや小物作りを!
P1009634.JPG P1009615.JPG
いよいよ一般公開当日♬
雨が心配されましたが、無事にオープンカフェのopenです☆
P1009649.JPG P1009630.JPG
P1009653.JPG P1009661.JPG
準備したワークショップは「CASAでくるみボタン作り」です。
傘布のハギレで、くるみボタンを簡単に作ることができます♪
P1009637.JPG P1009662.JPG
小学生だって上手に出来たよ(^o^)丿
DSCN9697.JPG
不用傘をリメイクという形で新たな有効利用を展開していくという、このプロジェクト。
実は、CASA PROJECT という運営母体があって、
その活動に、何だかキラキラしてしまった私が建学祭企画として提案したものです。
半ば強制的な部分もあったかもしれませんが、新しい視点で建学祭に参加することが出来たのではないかと思います。
今回作った2枚の大きなタープ、来年の模擬店でも再登場の予定です♪

そしてそして、今回の作品を東京で開催された「100人のCASA展」に出展させていただきました♪
残念ながら大きな大きなタープを送ることはできなかったので、そこは写真で…
P1009767.JPG P1009768.JPG
1385406_595491400489118_1111656582_n.jpg 1382178_595491410489117_38193670_n.jpg
1379198_10201015896821643_1673500102_n.jpg 1392744_10201015915622113_1344242471_n.jpg
軽くて保水性のある傘布が、いろんな作品となって生まれ変わっています。
素敵な企画に出会うことが出来て、それを6組のみんなで共有することが出来たこと、とても感動しています。
そして、身近にある不用傘、ゴミとして処分するのではなく、ぜひ生きる道を残してほしいと思います。


トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】