1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1973年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2010.07
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

若いチカラ

2010.06.30

 まず始めに、更新がご無沙汰してしまいました… 申し訳ありません。


 東海では、先週から教育実習生3名を迎え入れています。3名とも本校を卒業し東海大学で勉学に励んでいる先輩方です。


m37%20%281%29.JPG
左から、「佐藤英弥先生」、「西方潤平先生」、「小松斉先生」 です。


 ちなみに、佐藤先生、西方先生はサッカー部のOBです。三年間思い切り高校サッカーに打ち込み、なおかつ大学進学し教員免許を取得して、将来教職として後進の育成に携わる。素晴らしいことですよね。同じような希望を持っている現役高校生、中学生、たくさんいるのではないでしょうか。東海にはそのような環境があります。自信をもって言えます!


 それはそうと、先日は東海の『体育祭』。あかねが丘陸上競技場を会場に一日中、生徒と共に駆けずりまわりました。


 今回はその前日の話をお届けします。私はいつものように、実習生の部屋で仕事をしていました。なぜか実習生の部屋は涼しいのです。すると夕方18:00過ぎから、三人とも一生懸命ミサンガを編んでいるではありませんか。聞くと、担当クラス生徒全員に体育祭での健闘を祈ってプレゼントするとのこと。この情熱に感動! と同時に「若いチカラ」って素晴らしい。素直にそう感じました。


m37%20%282%29.JPG
ネイビー&アイボリーと言う感じですね。30本以上のミサンガを一晩で編む根性。すごすぎます。


m37.JPG
佐藤先生は、生徒に「結んでぇ」とせがまれていました。


 年男を三回経験した私は、いつの間にか「若いって凄いんだ」「もう俺にはできない」と、自分を「トシヨリ」扱いして逃げていたような気がします。


 この三人の教諭の卵に教わりました。一生勉強、一生向上ですね。明日も頑張ろう!

トラックバック(0)|投稿者:

黄昏…

2010.06.25

 今日も本当に暑かったですね。午後の授業二連続だったので、汗だらだらで熱弁を奮いました。といっても、中間試験の事後学習8割、残り2割は今朝行われたワールドカップ「日本3-1デンマーク」の話。
 1年生のある教室に行くと黒板にでっかく


本田と遠藤のフリーキックについて』  の文字。


 ホワイトボードには予想スタメンが書いてあります。なかなかの盛り上がり。誤解の無いように言っておきますが、きちんと数学の授業も8割以上行いましたよ!


m36.JPG
職員室の窓から見える、綺麗な黄昏。なんかホッとして、疲れがふっ飛びます。


 週末は部活動に全力で取り組みます。「部員との時間を大切にしよう!」とこの空に改めて誓いました。

トラックバック(0)|投稿者:

愛と正義の十字架

2010.06.23

 中間試験も無事に?終了し、来週の火曜日は体育祭です。クラスの団結力が試されるときです。


 それに向けて、各クラスの「クラスのシンボルフラッグ」作成に入りました。放課後のピロティは賑やかです。我がクラスは、デザイン作成・決定に少し手間取ったらしく下書きが終わった段階です。明日明後日の染色に全力を賭けるつもりです。


m35.JPG
デザインスケッチです。ん~ まずまずですね。


m35%20%281%29.JPG
下書き作業。明日からは人海戦術をとって、全員で染色します。


 旗といえば、現在行われている南アフリカワールドカップでたくさんの「国旗」を目にします。予選突破を賭けて我が日本代表が競う相手は「デンマーク」 デンマークの国旗はシンプルで、とても好きなデザインです。


DK.gif
デンマークの国旗。世界で一番古い国旗だそうです。


 デンマークの国旗と東海の校旗は似ています。赤地に白の十字がデンマークならば、緑地に白の十字が東海の校旗です。横が、縦は正義を表し、『愛と正義の交わるところに真理がある』を象徴しています。


 校旗と言えば、校章を載せただけのデザインが多い中、愛と正義の十字を掲げるなんてとても洒落てますね。


 もちろんクラスフラッグ期待しています…

トラックバック(0)|投稿者:

心頭滅却すれば・・・

2010.06.22

 ん~ 暑い! 電波時計は午後7時を過ぎていると言うのに、職員室内のこの暑さは何なんだろう? 今日は一日中、先日行われた前期中間試験の答案返却。忙しいの何のって、担当しているクラスに全部廻り、答案返却+解説。疲れ果ててしまいました…


m33%20%281%29.JPG
私のデスクから見える外の景色。んっ、普段は見ることのない室温計が気になる。


m33.JPG
なんと、風通しのいいはずの場所なのに、7時を過ぎているのに、摂氏30℃以上!


m34.JPG
早く、活躍してほしいエアコン様。東海では職員室だけでなく、全教室(もちろん特別教室にも)冷房完備です。


「心頭滅却すれば火もまた涼し」


心の持ち方次第でどんな苦痛・困難も感じなくなる。人間として甘い私が、そんな境地になれるでしょうか…

トラックバック(0)|投稿者:

愛の東海サウンド

2010.06.21

 まず、この写真をご覧ください。


m32%20%283%29.JPG


 会場が「山形テルサホール」、ブルーの譜面台から東海の吹奏楽部定期演奏会と分かった人は、東海検定3級!


 三部構成(無知な私は、このような演奏会が三部構成であることが普通だと言うこと知りませんでした…)で、素晴らしい演奏会になりました。特に三部は、『プリンセス東海』と題して、「Snow White」をモチーフにしたパフォーマンスに会場中が盛り上がりました。


m32%20%282%29.JPG
白雪姫のソロ  このドレス、本当に「Snow White」に見えてくるから不思議です。


m32%20%284%29.JPG
なぜ? 柔道着?!


m32%20%285%29.JPG
「Seven Dwarfs」 ならぬ「Eight Dwarfs」だったようでした。我がクラスのSくんです。イキイキしています。


m32%20%281%29.JPG
顧問の大沼先生。大きな花束にちょっと照れているようですね。


m32%20%287%29.JPG
告知のポスターと同じデザインが表紙になっているプログラム。市内の某中学校に通っている私の娘が、掲示板に貼ってあるポスターを見て、「東海のが一番可愛い!」と言っていました。なかなかのセンスの良さですよね。


m32.JPG
3年生の部員紹介のページ。幼少期の顔写真に、おそらく後輩達が作った紹介文。読み応えありです。


 プログラムにある学校長の巻頭言から引用しますと、


『「音」の世界を、人間はコントロールする術を見出しました。その一つが、「音」を楽しむ「音楽」です


 音痴な私は「音」をコントロールする術を見出すことは一生できませんが、
興於詩 立於禮 成於樂
孔子の言葉を胸に、音楽を通して(聞くことでしかできませんが…)人間としての深みを増していこうと思います。


m32%20%286%29.JPG
最後に恒例になりました、東海大学高輪台高校吹奏楽部との合同演奏会の告知をしておきます。私は、一昨年聞くことができましたがかなり衝撃ですよ!

トラックバック(0)|投稿者:

次は我々の出番です

2010.06.18

 本日を持ちまして、前期中間試験が終了しました。生徒の皆さんはお疲れ様でした。他の学校では分かりませんが、東海では部活動単位(サッカーソフト、野球、柔道、空手道などなど)で勉強会を実施して試験に臨むことが慣例になっています。


 例えば、我がサッカー部では、試験終了後もしくは放課後12:45~16:00まで学習会、16:00~17:30練習というような日程で試験に向かいます。今週末には県リーグ(公式戦)が控えていますが、まずは勉強、試験が優先です。


 3年生は慣れたもので自分達で率先して学習に参加していました。どの部活動も1年生はまだまだ取り組みが甘いようですね。これから鍛えていかねば! 


m31%20%282%29.JPG
私が担当している全クラスの答案です。ここからは私達の出番。採点作業が待っています。


m31.JPG
答案用紙を重ねるとこれぐらいの厚さになります。右は「1Q84 Book3」。ほぼ同じ厚さです。心が折れそうです。


m31%20%281%29.JPG
普段の学習の様子も評価したい。授業ノートと、ワークブックなどの提出物点検です。感動するノートに出会いたいですね。厳しく行きますよ!


 生徒がありったけの知識をぶつけた答案の採点作業。寝不足の日々が続きそうです。ワールドカップ期間中でよかったぁ。

トラックバック(0)|投稿者:

されど挑戦の日々

2010.06.16

 私は、三学年の模擬試験の担当をしています。具体的には、模擬試験の申込み、実施要綱作成、生徒・教職員への連絡、事前学習の企画、答案梱包・送付とこんな感じの仕事を坦々とこなしています。坦々と表現すると「事務的に仕事してるのか!」と怒られそうですね…


 しかし、結果返送のときは「坦々と」「事務的に」の感情ではいられません。成績表が入っている封筒(ダンボール)を開封するときのドキドキ感たるやとても表現できません。


 本日、先日実施した一般常識テストの結果が返送されてきました。


m30%20%282%29.JPG
緑色の封筒に成績表が入っていました。慌てて開封した跡が見て取れます。


「偏差値60アップはさて、何人いるかなぁ」とか「誰が今回トップかなぁ」というように、つい結果の方にばかり(それも良い結果の方にばかり)目が行きそうですが、


やはり、


「あいつ、事前学習がんばっていたから前回より向上しているといいなぁ」


生徒の成長が何よりも楽しみであり、努力が実を結ぶという経験を生徒にさせてやりたい。教諭ならば誰もが持っている思いです。果たして結果はどうだったのでしょうか… それは明日担任より生徒に配布してからのお楽しみということで… 


 よく「努力は裏切らない」という言葉を聞きますが、東海大の数学科教員研修で大変お世話になっている『秋山仁』先生のモットー


「努力は報われず、正義は滅びる、恋する者は泣きをみる、されど挑戦の日々


 とても乱暴な表現ですが、教諭である私達に対する熱いメッセージと私は捉えています。努力⇒結果を経験させることも大切だ。でもそれ以上に困難な状況でも挑戦し続ける逞しさを、強い精神を育まないといけない。


ガツンと頭を殴られた気分。

トラックバック(0)|投稿者:

生物と一緒に競技できること

2010.06.15

 今回も頑張っている東海生(写真右)を紹介します。

m29.JPG
鹿間葉月さんです。


 鹿間さんは、福島県南相馬市で行われた日本クォータホース(JHQA)主催のJQHA東北チャンピオンシップ2010においてReining Ltd Non Proで優勝しました。おめでとう!


 恒例の突撃インタビューです。


皆川(以降M):「今大会の率直な感想をお願いします。」
鹿間(以降S):「自分でもとても驚いています。しかし、今回の結果が何よりも大きな自信と今後の原動力になっています。」


M:「乗馬を始めたきっかけおを教えて下さい。」
S:「小学校二年生のときに、母が体験乗馬に連れて行ってくれて、そこでハマってしまいました。」


M:「乗馬の醍醐味は?」
S:「他のスポーツと違って道具だけでなく生物と一緒に競技できることと、男女・年齢関係なく競技できるところです。」


M:「今後のスケジュールと目標をお願いします。」
S:「はっきり決まっていませんが、多分…

  8月⇒北海道ウェスタンチャンピオンシップ(@ノーザンホースパーク

  10月⇒ALL Japan ウェスタンチャンピオンシップ(@静岡県御殿場

  の二つの大会は出場する予定です。

  高すぎる目標ですケド…
   どんな大会でも、Rookie、Ltd Nonproでの優勝を目標に頑張ります!」

 馬というと土佐日記の冒頭、「馬のはなむけ」しかイメージできない私ですが、鹿間葉月さんの今後の活動、活躍を見守っていきたいと思います。
 

 そういえば、「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり…」高校時代暗唱したのを覚えています。考えてみるとブログも日記ですね。貫之の気分で細々と続けてみますか…

トラックバック(0)|投稿者:

着眼点が大事!

2010.06.14

 人生を豊に楽しむためには「着眼点が大事だ!」と常々生徒には伝えています。目先を変えたり、立場を置き換えたり、普段の目の高さより低いところ(または高いところ)から事象を観察すると、今までと違った光景に出くわすことがあります。皆さんも経験があることだと思います。


 そこで、今回は普段目にしている「掲示物」に着眼して現在の東海を垣間見ていきます。


 まずは、

m28%20%284%29.JPG
我が教室に掲示されています。今週は前期中間試験があります。今日の部活は学習会です。部活も勉強も思い切りやるときはやる! 東海生はケジメがあるんです。


m28%20%282%29.JPG
職員室に掲示されているカレンダー。サッカー好きな先生が貼っていたのを春目撃しました。ちょうどワールドカップ期間中で、タイムリーですね。東海は時代の波に乗り遅れるわけにはいきません。


m28%20%287%29.JPG
校舎一階、東海ホールに掲示されている東海大学のポスターです。東海はセンスいいんです。


m28.JPG
洗面台に貼ってあります。CMでも「 ♬出しっぱなし、開けっぱなし~♬ 」とありますが、私も昔母親にうるさく言われたことを思い出します。東海はおふくろのように厳しく、暖かく包み込んでくれます。


m28%20%281%29.JPG
進路指導室の掲示板です。3年生は人生の岐路にあたる年。キメ細かい進路指導は東海のウリですね。


m28%20%283%29.JPG
職員室前廊下の掃除用具ロッカーの扉に掲示されています。東海生は地球のことも考えています。


 いかがでしたか? 掲示物から探る東海は。「着眼点が大事!」これは私の一生のテーマです。皆さんも意識してみてはどうでしょうか? 

トラックバック(0)|投稿者:

人生の「JABULANI」…

2010.06.11

 地球上で最大のスポーツの祭典「FIFAワールドカップ」が本日より開幕します。また、寝不足の日々になりそうです。


 実は、「JPゆうちょ銀行」さんが今大会の公式スポンサーになっているという事実(そういえば、TVCMで「中澤選手」が出演していましたね)を恥ずかしながら本日知りました。そこで今回、縁がありまして「JPゆうちょ銀行」さんから南アフリカ大会公式球を寄贈していただきました。


m26.JPG
公式球「JABULANI]を頂きました。


 「JABULANI(ジャブラニ)」とは、南アフリカ共和国の公用語の一つズールー語で『祝杯』を意味します。デザインにも色々意味が込められているようです。詳しくはクリックしてください。


 今回は寄贈していただきましたが、日々努力して人生の『JABULANI(祝杯)』を手に入れたいと思います。

トラックバック(0)|投稿者:

職種ガイダンスより・・・

2010.06.11

 先日、就職を希望している三年生を対象に「職種ガイダンス」を行いました。現在県内企業にて活躍している東海OB・OGをお招きし、現在の勤務内容や、やりがい、社会人として困難だったこと、就活にむけての心得などを話していただきました。そのOBの中になんと、私の3年前の卒業生である東北電化工業(株)に勤務している板垣健太郎さんがいるではありませんか。つい、懐かしくて写真を1枚。ガイダンス終了後いろいろ思い出話に花を咲かせました。

06.JPG
写真左が板垣先輩です。外見は在学中とあまり変わりないようですね。

 ガイダンスの主な内容をQ&A方式でお送りします。

Q:「今、どんな仕事を受け持っているのですか?」
A:「主に住宅の配線を専門に仕事をしています。」


Q:「電気工事士としてのやりがいは何ですか?」
A:「自分が配線した電気が点いたときにやりがいを感じます。自分がやった結果が目に見えるためとてもやりがいを感じます。また入社一年目に電気工事士2種を取得しました。現在1種取得を目標に勉強に励んでいます。」


Q:「職場内の雰囲気はどんな感じですか?」
A:「最高です。私と同期の者は仲が良くて、楽しく仕事をやっています。同期でフットサルチームを作って活動もしています。先輩方も、仕事中に失敗すればきちんと指摘してくださり、アドヴァイスをしてくれます。うまくできた場合には褒めてくれます。大変ありがたいです。」


Q:「後輩である、東海生に一言」
A:「とにかく『やる気』です。これと決めたら、『真剣に』『やる気』を持って取り組んでもらいたい。就活大変な時代ですが、必ず道が開けると思います。また、勉強はしっかりやってください。自分は就職試験の準備として、毎日放課後に東海林先生(物理担当)に電流の授業をお願いしてやっていただきました。その成果が出たと思います。努力は人を裏切りません。」


 我々教員の話よりも、「現場の方」の「生の」話のほうが、生徒に響きますね。良い話をありがとうございました。

トラックバック(0)|投稿者:

数学科の教諭として プロローグ

2010.06.10

 先日、東海OG2人が遊びに来てくれました。教員をしていてこれほど嬉しいことはありません。まさに教員冥利に尽きるといったところでしょう。また、本校では(滅多に)異動はありませんので、卒業して何十年と経っても恩師が必ずここにいるという状況にもあります。


 2人のうち一人は私が担任をしていた女子生徒(今は立派になって女性ですね…)。もうすぐ二歳になる愛息子のRちゃんを連れてきてくれました。可愛いのなんのって。私の娘も「こんな可愛い時期があったんだよなぁ」とひとり言。


 OG2人と談笑していると、Rちゃんが飽きてきたらしく駄々をこね始めました。卒業生が子どもを連れてくると、恒例行事であります。そこで、子育ての先輩として私の出番。あやしたり、抱っこしたりといつもは経験と言う名の威力を発揮するのですが、なかなか手ごわいRちゃん。母親譲りかも… 奮闘していると、一瞬の閃き。


 そういえば! 娘の幼稚園のバザーに出品した手作りのおもちゃの試作品があったはず。早速、与えてみました。つかみは上々、愛くるしい大きい瞳をぱちくりさせて遊んでいました。


 イギリスの有名なパズル作家デュードニーの『デュードニー分割』の『鳩目返し』を応用したおもちゃです。幼児用に工夫した点は、

※形が崩れないように鳩目部分を、全てつないでクルクル回転できるようにした。

※切り口を青、赤のICテープを使用し見やすくしてみました。


m22.JPG
六角形を合同な五角形に分割して…


m23.JPG
上下の五角形をひっくり返すと…


m24.JPG
同様に左右もひっくり返します。すると、きちんと平面充填された元の六角形が出来上がり。


m25.JPG
裏返すと、元の六角形の周であった(赤)が切り口の部分になっています。


 Rちゃん達御一行様が帰った後、遠い記憶が蘇ってきました。そういえばバザー終了後、幼稚園の保護者参観に行ったとき、売れ残った手作りおもちゃが、教室にたくさんばら撒かれていた光景を。Rちゃんも食いつかないはずだ…


デュードニー分割の超有名なパズル
「正三角形を切り分けて、その切り口が周となる正方形(もちろん平面充填された)をつくりたい。どのように切り分ければよいか?」

トラックバック(0)|投稿者:

命題:「ノートが綺麗⇒能力が向上する」は真?!

2010.06.08

 『ノート点検』は私にとって成績評価するうえで大事な仕事であり、楽しみにしていることでもあります。綺麗で見やすいノートに出合ったり、板書だけではなくコメントや、復習ポイントなどを余白にさっと書いてあるオリジナルノートに出会うと嬉しくなります。


 しかし、最近そのような嬉しいノートに出会う頻度が減少しているように感じます。何が原因かは分かりませんが、自分でノートを構成できないようです。訓練されていないように感じるのです。


 それに呼応するかのように、少し前にはノートに関する本(東大生のノートや、野村監督のノート、中村俊輔のノートなどなど)が書店を賑わしていました。一教員の私が感じていることが世間でも関心事なのでしょうか…


 今日、授業の空き時間に点検したノートの一部を紹介します。


m18.JPG
1年生の授業ノート。不足がある場合は付箋をつけて再提出を促します。★★


m19.JPG
3年生の数Ⅲ問題集提出用ノート。私が添削できるように1ページに(または見開き1ページに)一問、きっちり解答を作成しています。★★★


m20.JPG
サッカーノート。自分なりに練習のポイントの整理をしたり、質問事項を書いています。それに対して、私なりにコメントを書き込んで放課後返します。★★


m21.JPG
これもサッカーノートです。図を書き込んでイメージを大切にしているようです。自分の課題もさることながら、良かった点を書いて良いイメージを残しているようです。★★


 命題:「ノートを綺麗にきちんと構成できる」⇒「多面的に能力が向上する」


は『真』であることを証明することはできません(たまに反例もあるので…)が、教諭生活15年の経験則によると限りなく『真』に近いといえますね。

トラックバック(0)|投稿者:

楽観主義? 私は悲観主義ですね・・・

2010.06.07

 月曜日の6時間目は三学年のLHRです。

 本日は、卒業生2人をお迎えして「社会人になるための準備」と題して進路講話を実施しました。県総体が終了、ほとんどの三年生が引退し「さぁ、この次は進路だ!」とモード変更を促すために学年団で企画したものです。昼休みが終わり、気温が上昇してきた昼下がりでしたが、普段は聞くことのできない「生の現場」の話に引き込まれ、真剣に耳を傾けていました。


m15.JPG
姿勢を正して真剣に聞く女子。なかなか良い写真ですね。


m16.JPG
高齢者介護施設に勤務している岩井先輩の話。在学中は福祉コースで自分の進路について真剣に悩んだ話をしてくれました。


m17.JPG
家業を引き継ぐために国家資格取得に、仕事にと頑張っている遠藤先輩の話。在学中に親友と明確な進路について語り合っていたこと、「意図した楽観主義者たれ。」という話に体育館全体が引きつけられました。
 熱い砂漠の中でコップに水が半分入っていたとします。遠藤先輩の話だと、「もう半分しかない…」と悲観するのではなく、「まだ半分もあるじゃないか」という意図した楽観主義者であることでこの厳しい社会を乗り切れるのではないか? ということでした。


 私は「性」だと思うのですが、どうしても楽観主義者にはなれません…

トラックバック(0)|投稿者:

県総体経由 センター試験突破行き

2010.06.07

07.JPG


 このダンボールのロゴを見て「もしやっ!」と驚いた現役高校生、「懐かしい…」と郷愁に浸る大人の皆様、様々でしょう。そうです、うちのクラスで実施する進研マーク模試です。センター試験突破を目指す高校生の皆さんは、必ず通る道でしょう。また、先日の県総体で三年間頑張ってきた部活動を引退した、高校三年生はこれから受験モードに切り替えです。


 私も、20年前にずいぶんお世話になりました。と言うより、毎回打ちひしがれました。きちんと事前準備をして模試に臨み、解説解答で事後学習をすれば間違いなく学力向上するはずでした… 専ら事後学習に勤しむだけの学習スタイルで、後手後手に。タイムマシーンであの頃に戻れたならば、直向きに取り組むのに… 後悔先に立たず。

 ある先生が言ってました。

「模試は嘘つかない…」

 このに年齢なった今でも、胸の中に重く響きます。と同時に、どうしていいかわからずに立ち尽くしている、高校時代の自分の背中が鮮明に思い出されます。

トラックバック(0)|投稿者:

三年間続けることの大切さ

2010.06.03

 私が担任している3年3組は、特進コースに属しています。特進コースですから、他のコースより1日の授業時間は+1となります。もちろん部活動参加は可能ですが、放課後の練習時間は当然他コースの部員よりも少なくなります。そんな状況にもめげずに頑張ってきた我がクラスの仲間2名が、明日からの県総体バドミントン競技に臨みます。


 紹介します。伊藤健くん(写真左)と柴橋広貴くん(写真右)です。
m14.JPG


 2人のコメントが届きましたので、ここに紹介します。


伊藤健くん
「特進ということで、毎日遅くまで勉強をしてから部活に行くのが日課で、練習時間が少なく大会に出場できるかどうか不安でした。しかし、顧問の先生、先輩方からのアドヴァイスを聞き、少ない時間でも集中して上達できるように頑張ってきました。そのお陰で、団体メンバーに選ばれるようになり、個人戦にも出場できました。時には、部活と勉強との両立が大変で辞めようと思ったときもありましたが、三年間ここまで続けることができて本当に良かったです。
 県大会では三年間やってきたことをフルに出せるように頑張ります!」


柴橋広貴くん
「特進コースと部活動との両立を通して、肉体的にも、精神的にも成長することができたと思っています。入部当初は、両立が大変で何度も辞めようかと考えました。そんな時、支えになってくれたのが、部の仲間でした。お陰で、三年間ここまで続けることができました。感謝しています。
 明日からの県総体では、これまで培ってきたことを出し切り有終の美を飾れるように頑張ってきます。応援よろしくお願いします。」


 2人とも支えてくれた、仲間、恩師に感謝の念を抱いているようですね。この境地に立つことができた君等ならば、この大会を通じてきっと確かなものを得て帰ってくることでしょう。来週、教室で会うのが楽しみです。

トラックバック(0)|投稿者:

一足お先に全国へ!

2010.06.03

 明日から山形県高校総体が開幕します。どの競技ともインターハイ目指して最終調整に余念が無いところでしょう。今回は、一足先に全国出場を決めた東海の仲間を紹介します。


 先月、全国高校総合文化祭囲碁大会山形県予選、並びに、全国高校囲碁選手権大会山形県大会が開催されました。見事に東海は団体戦で準優勝、個人戦では佐藤優支君が準優勝という成果を挙げ、以下の全国大会に参加することになりました。おめでとう!


・第34回全国高等学校囲碁選手権大会
 個人戦(7/26~7/28 東京都 日本棋院会館)

・第34回全国高等学校総合文化祭囲碁大会
 団体戦山形県代表(8/4~8/5 宮崎県 日向市文化交流センター)


 そこで、佐藤優支君に突撃インタビューをしてみました。


Q:「今大会、個人、チーム共に準優勝という結果でした。率直な感想は?」
A:「あと一歩で優勝だったので、どちらかでも優勝したかったなという心残りはあります。しかし、人数不足(部員は現在3名)で参加不可能だった団体に、将棋部から1名参加してもらい出場でき、さらに準優勝ということで、実質三人で勝ち取ったということだから、価値はとてつもなく大きいと思います。」

Q:「囲碁を始めたきっかけは?」
A:「ルールは小学校の頃から知っていたが、中学二年生のときに『ヒカルの碁』を読んで本格的に独学で始めました。」

Q:「囲碁の醍醐味は?」
A:「何事もそうですが、勝ったときの達成感が大きい。技術だけではなく、頭をフル回転させる読みが必要であるため、相手が強い分、読み勝つというのは大きな自信となる。」

Q:「全国大会に向けて抱負をどうぞ」
A:「目標はでっかくベスト8!! そして『山形の佐藤優支は強い!』と言われるようになりたい。」


08.JPG
写真左が佐藤優支君です。

率直に答えていただきありがとうございました。部活に命賭けて頑張っている東海生、佐藤君に続いて全国出場目指して頑張ろう!

トラックバック(0)|投稿者:

初めまして よろしくお願いします

2010.06.02

 初めまして、皆川和彦と申します。「ひとりごとブログ」の仲間に入れていただきました。これから様々なことをゆっくりと発信していきたいと思っております。よろしくお願いいたします。


 ちょっと自己紹介させていただきます。


 今年度は3年3組の担任として進路指導に、数学科の主任として授業の質向上に、サッカー部の副顧問として「逞しく、しなやかな東海サッカー」を目指して、毎日全力で生徒と向き合っています。


 今現在、クラスの関心事として、6月29日(火)に行われる「体育祭@あかねヶ丘陸上競技場」で纏うクラスTシャツの出来栄えがあります。デザイン画を見てみると、世辞ではなく、「とても良いデザインだなぁ」と感心しています。本当に出来上がりも、纏うのも楽しみです。


 ちなみに昨年度のうちのクラスTシャツです。


01.JPG


 生徒が「バックに何かカッコイイ一言を入れたいので、いいアイディアありませんか?」と聞いてきたので、


『性相近也、習相遠也』か、『一期は夢よ ただ狂へ』がいいなぁ」とポツリ。


 果たして、後者を選んだようです。御存知の通り閑吟集のなかでも代表的な歌
「何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」 の一節ですね。


 何かと忙しく、情報が錯綜し、ため息が多くなってしまうこの御時勢、たまにはこのような境地にもなってみたいものですね。

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】