1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2010.07
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

東海版 継続はチカラなり!

2010.07.15

 今回は、職員室では私のデスクの左隣、そして3年4組担任『難波睦子』先生を紹介します。生徒からは「ナンバちゃん」の愛称で愛されています。


 東海のボランティア活動を一手に引き受けているといっても過言ではありません。「福祉」の授業では、「高齢者施設での介護実習」、「幼稚園実習」など生徒を現場に引率して体験を通して生きた授業を実践されています。サッカー部の3年生の多くが福祉コースを選択していますので、珠玉のスナップを2枚ご覧ください。


m57%20%282%29.JPG
肩車のなかでも、特大車ですね。

m57%20%281%29.JPG
この日は、たまたま「モンテディオ山形」の普及部のコーチによるサッカースクールの日。一緒にサッカーを楽しんだようですね。


 そして、放課後は「JRC部」の顧問として大活躍しています。毎月1回土曜日(第2または第4)には「山形県こども館(私の娘もよく遊びに行っています)」でのボランティアを10年以上続けております。10年間ですよ! 継続はチカラなり! 10年ということは、もしかしたら生徒の中には、幼少のころに東海JRC部のボランティアで遊んだ人もいるのでは? これって、とてもスゴイことなのでは? 


 「灯台下暗し」


 尊敬に値する素敵な人が、こんな近くにいたなんて。東海にはまだまだ、こんな素敵な人がたくさんいらっしゃいますよ。 

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】