1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2010.08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 

世代交代に想う

2010.08.25

 地区新人大会の壮行式が先日行われました。体育館に集合整列したときに、3年生が多数いて、その分2年生の場所がまばらになっているのを見て、3年担任の私としては心にポッカリと穴が開いたというか、淋しい気持ちになりました。


 世代交代ですね。3年生の進路活動も本格化してきました。一歩一歩、巣立つ準備を進めています。


 3年生が臨む残りの大会は、陸上競技部の「高校駅伝」、サッカー部の「全国高校サッカー選手権」のみとなりました。


 高校生活最後の「建学祭」も今週末にあります。準備から一生懸命に取り組み、自分達が達成感を得る事も大事ですが、後輩に言葉では表せない何かを遺してもらいたい。


後藤新平の今際の言葉、
「…金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。…」


 さて、私は何を遺せるだろうか…


m71.JPG
サッカー部は伝統の黄×黒のドレスを身に纏っています。これまで何人もの先輩方が袖を通してきたことか。その重さを感じて、プレーしてほしい。


 少しセンチメンタルになってしまい申し訳ありません。こんな風貌の私でも、こんな瞬間もあるんです。

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】