1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2010.09
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 

あなたは線形? それとも非線形?

2010.09.16

 本日から、高卒の就職試験が始まりました。県内就職は今日明日がピークと思われます。


 就職希望の生徒はこれまで、外部講師をお招きし放課後の面接練習、夏休みには就職活動ワークショップ、SPI2対策のための朝講習など準備を進めてきました。その成果を如何なく発揮してきてほしいと思います。


 明日の試験に備えて、現在も面接練習をしています。


m101.JPG
3年生の、あるクラスにて…


 正直な話、求人受付が非常に少なく厳しい状況です。何かに期待していれば、流れに乗っていけば、自分の未来が自然と拓いていく、そんな時代がかつてはあったと記憶しています。


 複雑系という言葉が登場して久しいですが、まさに現在は、自分の未来を拓くためには、たとえ流れの中であっても、自分からアイディアを出して、他と共鳴して自分の流れを強くしたり、その先を読んで対応したりと、より即興性が問われる複雑系の時代となりました。


 「こうすれば、こうなる」線形代数的人間では生きていけませんね。「何が起こるかわからないものに対応できる」「わずかな狂いに敏感に反応できる」非線形代数的な人間の育成に努めなくては…

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】