1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1973年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2010.12
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

自分の進路を切り拓くために 03

2010.11.26

 あと、50日です。


 平成22年10月14日 17:00現在 553,063人です。確定志願者数は11月末に発表です。


 そろそろ、大学の推薦試験の発表が終わり、一般入試突破のみの覚悟を決める高校生も多いのではないでしょうか。


 私は高校時代、恥ずかしい話ながら推薦入試の存在を知りませんでした。当然ながら国公立を目指していたため、普通にセンター試験を受けて、普通に2次試験を突破するしかないと思っていました。18歳人口が204~205万人の世代ですから、有名私大は、30倍、40倍は当たり前の時代。それこそ頭寒足熱を地で行っていました。今思うと、これまでの人生であの頃が一番平穏な季節だったかもしれません。目標があって、それに100%集中できる環境を与えてもらって、やればやるほど成果が見えて… 疲れてくるとあの頃に戻りたいという衝動に駆られます。


 現在、東海の就職内定率は69%弱です。先日新聞発表の平均内定率を上回っており、山形市内の私立高校ではトップに躍り出ました。みんな、自分の進路を切り拓くために十分に努力しているようです。


 我がクラスも、1月15日、16日のセンター試験に向けてもう一頑張りしましょう! 明日は全統センタープレテストです。

トラックバック(0)|投稿者:

色・東海ブレンド

2010.11.25

 最近めっきり寒くなりましたね。山形では感染性胃腸炎が流行っているようです。K野先生のブログを見て予防しましょう。


m123.jpg
起きたときの東の空は青から赤へ、そしてまた青へと移ろいでいき、抜けるような綺麗な青空になりました。今朝の東海は、季節はずれではありますが「Tシャツに口紅」といった様相。もうすぐ朝練が始まります。放射冷却現象にはまだ早いですが、ひんやりとした空気にニット帽が必需品の季節になりました。


 東海生の憩いの場、東海ホールの自動販売機では、「つめた~い」の領域に「あたたか~い」が侵入し始め、缶スープが恋しい季節になりました。


m122%20%282%29.JPG
今シーズン私の一押し「Tomato Basil」 この赤い缶を握らない日はありません。もぅ、絶品です。


 今日のお昼はもちろん、ご存知の「Charmant」さんのパン。


m122.jpg m122%20%281%29.JPG
お初です。「トマトのロールパン」 ネーミングそのまま、トマトが練り込まれています。割ってみると中の生地が情熱の赤。風味もまさにトマト。とろけるチーズを乗せて、ちょっと焼くとさらに美味しいものになるのではないかと思いました。


 もうすぐ赤色も、青色も、銀色が埋め尽くす長く厳しい冬がやってきます。色々な意味で準備をしなければいけません。三年生は来春桜の頃、新しいステージで飛躍できるように。一、二年生は、さらに人間的に向上して、東海の伝統を引き継ぎ、成果を披露できるように…

トラックバック(0)|投稿者:

もしかして、俺のこと…

2010.11.22

 毎週月曜日の6時間目は三学年のLHRです。今週は、保護者の方にお願いして、進路講話と称して「社会人としての心構え」について話をしていただきました。進学する者もいますが、数年後には就職活動を通して社会人として羽ばたくわけですので他人事のようには聞いていられません。


m121%20%281%29.JPG m121%20%282%29.JPG
2名の保護者の方に、お忙しいところ時間を割いていただきました。ありがとうございます。


m121.JPG
最後に、感想をまとめるために、真剣にメモを取っていました。メモを取るのも社会人として常識ですよね。


 私のメモには、「企業の戦力となる人材になることが大切である」と赤で書いてあり、その下には、「文句をいう人に限って、仕事しない。戦力にならない。」
 そして⇒の先には、「自分からやめてくれないかねぇ」「高い買い物だったねぇ」「親の顔みてみたいねぇ」


 ドキッとしました。もしかして、俺のこと… 


 東海大山形の戦力になれるよう、授業に、部活に、進路指導に、信頼を得られるよう工夫して取り組みたいと思います。


 先週金曜日の朝練で、「ぎっくり腰」になってしまったのですが、今日は「ぎっくり胸」になってしまったようです。

トラックバック(0)|投稿者:

閉じた円を描くことを学びました

2010.11.15

 先週11月12日の山新です。先週、「公式ワナゲ全国交流大会」が山形市内のヒルズサンピア体育館にて行われました。

m120%20%281%29.JPG
東海の福祉選択の3年生が、大会のお手伝いに行ってきました。今回のお手伝いの準備学習として、福祉選択者+担当のO沼先生、N波先生が「公式ワナゲ普及員」の講習、試験を受けて資格を取得しました。このような機会を捉えて、学びへとつなげていく素晴らしい実践です。「東海のマナビ」この選択科目「福祉」にありという感じですね。


m120%20%282%29.JPG
大会の司会進行を務めました。すこし緊張気味ですね。


m120%20%283%29.JPG m120%20%284%29.JPG

m120%20%285%29.JPG m120%20%287%29.JPG
大会役員、記録員として縦横無尽の働きです。んっ、どこかで見た顔がありますね。サッカー部の3年生は福祉選択者が多いのですが、普段グラウンドで見せるキリッとした目つきとは違う、柔和な表情が印象的です。


m120%20%286%29.JPG m120.JPG
大会終了後は、参加者の皆さんと一緒にワナゲを楽しみました。参加者と東海生が「輪」になったようですね。


 大学生のころ、幼児の数学教育の集中講義を選択し受講しました。幼児はなかなか閉じた円(輪)が描けない。閉じた円が描けてくると領域などの数学概念が芽生えてきた証拠であると記憶しています。人と人との交流の輪も同じですね。自分しか考えられなかった点の時から、他者との関係を学び線を知り、それを結んで交流の輪をつくり、広げることができるようになる。


 東海の福祉選択は、またひとつ閉じた円を描き、広げることを学んだようです。

トラックバック(0)|投稿者:

ideaに脱帽…

2010.11.12

 ブログ仲間のH先生の記事を見て、「すぐにでもアンサーしないと」という強い使命感から、昨日はあまり眠れませんでした。少し頭が重いです。


 昨日、サッカー部の練習終了後、来週から修学旅行に出発する2年生の一部が「グァム島の歌(のようなもの?)」を声高らかに歌っておりました。おそらくグァムコースの旅行準備の一環でしょう。沖縄コースも何か歌うそうですが騒動にならなければいいなと思います。

 来週から東海の2年生は3コースに分かれて修学旅行に旅立ちます。想い出に残るちょっぴり波乱に満ちた、良い旅行になることを祈っています。
・ 広島・関西コース
・ 沖縄コース
・ グァムコース


 そういえば、1年前私も修学旅行の引率に行ってきました。シンガポールコースです。個人的にはもう一度行きたいです。地下鉄で一駅、二駅行けば違った文化に触れ合うこうとができるエキゾチックな雰囲気。夜のシンガポールリバー沿いは真夜中は別の顔という感じ。


m118.JPG
私はミンティア派です。去年、シンガポールにはミンティアを5個買い込んで行きました。流石にニキビ薬の大瓶に入れるというideaは思いつきませんでした。脱帽です。もう一つは、ウェットタオルです。衛生面だけでなく、11月といえども蒸し暑さで汗が吹き出るので体拭きにも重宝しました。

トラックバック(0)|投稿者:

東海ならではです

2010.11.11

 今日、私のクラスで大学受験のための最初の公欠者が出ました。先月下旬の私といえば、調査書、推薦書記載のために凄まじい日程をこなし、身も心もボロボロでした。何とか無事に出願も済み、今日を皮切りにこれからどんどん推薦入試に挑みます。来週がピークですね。急に寒くなったので、体調には十分留意して落ち着いて臨んでもらいたいです。


 一方では先週、東海大学附属推薦の合格発表と合格証書伝達ならびに大学生活説明会が行われました。合格おめでとうございます。月並みですが、豊かな人生を送るための準備期間として最低4年間が保障されました。しっかり研鑽を積んで、希望を星につなげてください。


 もちろん合格者の中にはサッカー部の生徒もおります。三年間がっちり部活動に打ち込んで心身ともに鍛え、附属推薦のメリットを生かして大学進学をして高等な専門教育を通してさらに自分を磨く。東海ならではです。


 今回は、東海大学湘南学生支援課(CLIC:Campus Life Information Cennterの略)の方をお招きして、保護者の方も一緒に行われた学生生活説明会の模様をお送りします。この企画も東海ならではです。初めて親元を離れて一人暮らしをするわけですから、本人も保護者の方も心配でないわけがありません。とてもタメになったようです。


m117%20%282%29.JPG
CLICが発行している「BaB news」東海大学生のための生活情報マガジンです。各キャンパスの情報や、就職活動情報など、必要でタイムリーな情報満載です。今回いただいたのは、自転車事故のトラブルに関する特集でした。私が読んでも参考になります。


m117%20%284%29.JPG
建学祭特集になっています。東海ならではの楽しい企画がいっぱい。2000発の花火をあげるようです。また学食(BaBレストラン8)の人気メニューの紹介など話題満載です。学生に戻りたくなりました。


m117.JPG
こちらは、相談対応事例集。間違いなく、これ一冊で、大学生活の悩みは解消、対応できるほど充実した内容です。


m117%20%283%29.JPG m117%20%281%29.JPG
昼休みを利用して、法律相談(無料)を行っているようですし、トラブル対応・解決だけでなく、キャリア教育についても載せてあります。この親切心。東海ならではです。


 私の人生の背中は、大学時代に培われたような気がします。トラブルは無いに越したことはありませんが、そんな人生はありませんから、それに対応できるだけの幅、奥行き、知恵、ユーモアを学んでほしいと思います。

トラックバック(0)|投稿者:

Mama, Do you remember …

2010.11.10

 あと110日。


 ここで問題です。さて何まで110日なのでしょうか? (こたえは一番最後)


 一昨日、卒業アルバム用にクラスの集合写真を撮りました。私は、高いところが苦手であるにもかかわらず、毎回屋上にて撮影しています。今回も生徒の意見ではなく私の希望で屋上での撮影になりました。断っておきますが、生徒も全員賛成してくれたから敢行しました。決して私の我が儘ではありません。悪しからず…


 撮影後、屋上で談笑していると、さっきまで曇っていた空が…


m116.JPG
思わず自分のデジカメでパチリ!


 この光景、いつかどこかで見たような… 皆川得意のデジャヴです。


 あっ! 思い出した。映画「人間の証明」のラストシーンです。多分あれは朝焼けだったと記憶しているのですが… まぁこの際どちらでもかまいません。何とも表現できない空。強烈でした。様々な運命に翻弄されながらも大切にし、たった一つ愛した麦藁帽子を、突然失ったジョニー。


 私には、突然ではなく、あと110日も残されています。三年生との別れまで… 


 もう分かりましたね。3月1日が東海の卒業証書授与式です。 

トラックバック(0)|投稿者:

興於詩 立於禮 成於樂

2010.11.05

 今朝の山新です。ご覧になった方もいると思います。


m115.JPG
「第三十三回 翔龍会全国書道展」開催(本日11月4日~7日 山形美術館にて)の記事と案内状です。


 主催されている翔龍会の柳谷龍峰先生は、東海の書道の教諭ならびに、書道部の顧問として活躍されています。そんなご縁で毎年、案内状をいただいております。娘達が小さい時(素直に私の言うことに従っていた時)は、散歩がてらお邪魔したのですが、最近はご無沙汰しております。柳谷先生、すいません…


 記事にもあるとおり、本格的(素人の私が言っていいものか心配ですが)な作品はもちろんのこと、従来の枠組みにとらわれない斬新な作品が多く、なかでも高校生が普段聞くような楽曲の歌詞を取り上げたりと、ジャンルを問わずに誰もが楽しむことができる書道展になっております。


 まさに、「興於詩 立於禮 成於樂」 柳谷先生の書には豊かな人間になるための大切な三点が揃っていますね。柳谷先生に教えをいただける、東海の書道選択者、書道部員は幸せですね。

トラックバック(0)|投稿者:

恋とは巨大な矛盾…

2010.11.02

m114.JPG


2010年10月31日 失恋してしまいました…


「俺は何かもっとできることがあったのではないか?」という後悔の念が胸をしめつけ、


「もっと彼らを見ていたいのに…」というジレンマが流れていく時間への怒りに変わり、


「明日から、放課後もう逢えないんだ…」という淋しさが涙をとめどなく流れさせる。


全国高校サッカー選手権山形県予選 準々決勝で我が東海サッカー部は敗退してしまい、これまで活躍していた3年生が志半ばで「高校サッカー」から去ることになりました。授業が終わって放課後グラウンドに行っても彼らはいない… トーナメント戦ですから突然やってきます。


毎年経験する失恋に似たこの気持ち。辛くて、もう味わいたくないと思うのですが… この気持ちが改めて「彼らに恋をしていたんだ」と痛感させ、失ったものの大きさに気づかせてくれます。


「恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。」


この言葉が傷心から私を救ってくれます。


東海サッカー部の三年生のみんな、お疲れ様でした。最高の東海サッカーを見せてくれてありがとう!


東海には、心を揺さぶる感動の場面がたくさんあります。この年齢になった私ですら失恋の味を味わえるのですから…

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】