1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2010.11
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

 

自分の進路を切り拓くために 03

2010.11.26

 あと、50日です。


 平成22年10月14日 17:00現在 553,063人です。確定志願者数は11月末に発表です。


 そろそろ、大学の推薦試験の発表が終わり、一般入試突破のみの覚悟を決める高校生も多いのではないでしょうか。


 私は高校時代、恥ずかしい話ながら推薦入試の存在を知りませんでした。当然ながら国公立を目指していたため、普通にセンター試験を受けて、普通に2次試験を突破するしかないと思っていました。18歳人口が204~205万人の世代ですから、有名私大は、30倍、40倍は当たり前の時代。それこそ頭寒足熱を地で行っていました。今思うと、これまでの人生であの頃が一番平穏な季節だったかもしれません。目標があって、それに100%集中できる環境を与えてもらって、やればやるほど成果が見えて… 疲れてくるとあの頃に戻りたいという衝動に駆られます。


 現在、東海の就職内定率は69%弱です。先日新聞発表の平均内定率を上回っており、山形市内の私立高校ではトップに躍り出ました。みんな、自分の進路を切り拓くために十分に努力しているようです。


 我がクラスも、1月15日、16日のセンター試験に向けてもう一頑張りしましょう! 明日は全統センタープレテストです。

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】