1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2011.01
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 

高校生としての社会的責任

2011.01.10

 凄まじい雪ですね。この雪に今朝、除雪ボランティアの出動命令が出されました。東海では、数年前からサッカー部、柔道部、野球部などの運動部を中心に学校周辺地域の除雪ボランティアに登録し活動しています。高齢者の方だけのご家庭や、一人暮らしの住宅、または周辺の歩道などを除雪します。


 今日は、野球部の出番ということで午前中行ってきたようです。

m131.JPG m131%20%281%29.JPG
毎日の厳しい練習で鍛えた体力は並ではありません。見る見るうちに、地面が顔を出します。次回は、我々サッカー部でしょうか? 柔道部でしょうか?


 私は常々「高校生としてできる社会的責任を果たせ」とサッカー部員に言っていますが、具体的にその責任とは何か? 「身体」を使って「周辺地域の方々が安心する」ような発信をすることだと思うのです。決して力仕事だけではなく、「挨拶」も口を使った発信。注意や、指摘を受けたときには素直に「すいません」の一言。これも前頭葉を使った発信。とにかく、あらゆる意味で「身体」を使った実行がそれなのではないかと思っています。自分の「身体」をうまくコントロールし社会に適応できる高校生になってほしいと願っています。


 明日から、新年明けてからの本格的な授業が始まります。この雪が生徒の登校状況に悪影響を及ぼさなければいいのですが…

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】