1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2011.01
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 

決戦は金曜日…?の翌日

2011.01.14

♪…この夜が だんだん 待ち遠しくなる…♪
 そうですね、この3年間の学習の成果が数値となって表れます。待ち遠しいですね。


♪…はりつめた気持ち 後押しする…♪
 担任が緊張してるのだから、生徒も緊張の糸が張りつめていることでしょう。


♪…強大な力がうまれてくる…♪
 神か、何か似たようなものが降臨してきて、学力が、知識が漲ってくる気分です。


♪…ひとり悔やむ週末に もう 飲み込まれない…♪
 万全の体調で臨み、結果にではなく戦う前の準備で悔やまないでほしいと思います。


 今週末、1月15日、16日と「2010年度 大学入試センター試験」が実施されます。いよいよです。年末年始もなく毎日、講習に勤しんできました。大学受験もこのセンター試験で、まずは一区切りになります。いつも通りに臨み、普段の能力を出し切ってくれればと願うばかりです。今日の生徒の引き締まった表情を見ていると大丈夫でしょう。なかなか充実しています。楽しみですね。


 しかし、冒頭の部分は懐かしいと感じる人も多いのでは? 何故か、頭にこびりついているのですが、聞けば聞くほど、詩の意味が理解できません。私だけですかね…


 この解読が私のセンター試験ですかね。せめてマークセンス方式なら何とかなりそうですが…

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】