1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1973年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2011.03
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

仕上げが肝心 卒研発表会 【自然選択】

2011.02.22

 来週の今日は卒業式です。三年生は最後の仕上げ学習、高校生活三年間を締めくくる準備に大忙しです。


 前回の記事に引き続き、総合コース卒業研究発表会の模様をお送りします。今回は「自然選択」になります。


m136%20%288%29.JPG
東海の自然選択は「食文化と命」をメインテーマに掲げ、様々な体験、活動を通して自然界と我々人間との「共存」について広く考えを廻らせる学習をします。また、小学校とのコラボ学習も目玉になっています。


m136%20%2812%29.JPG m136%20%2810%29.JPG
卒業研究でお世話になった皆様をお招きして行いました。一般の方を目の前にして、普段は茶目っ気たっぷりの生徒も、緊張気味です。さくらんぼ栽培の一年を追った研究発表時に、お世話になったさくらんぼ農園の方から、ご意見と感想を戴きました。


 机上の学習も大切ですが、外部に出ていって一般の方と接することで社会的な躾を受けることも、この年代には大事なことですね。特に部活動をやっていない生徒にとっては… 私も数年前に2年間自然選択のアシスタントを担当しましたが、外部での学習を重ねるうちに逞しくなっていく姿を見て、東海の自然選択の学びは間違いじゃないなと実感したものでした。


 今後も、東海の「総合学習コースの学び」は目が離せません。

トラックバック(0)|投稿者:

仕上げが肝心 卒研発表会 【福祉選択】

2011.02.18

 ご無沙汰の更新大変申し訳ありません。現在我が三学年は、3月1日の卒業式に向けて準備をアクセル全開で進めています。クラスでは、国公立大2次対策講習に全力投球。高校生活三年間、最後の仕上げをきっちりさせてやりたいと考えています。


 そんな中、総合コース選択科目の卒業研究発表会が行われました。こちらも2年次からの選択学習の仕上げです。


m136%20%2814%29.JPG
様々な企業、施設の方からの全面的な協力を得て各自研究内容をまとめました。レジュメ、パワーポイント作成、発表リハーサルとこの日のために準備を進めてきました。


 さて、当ブログに度々登場しているサッカー部軍団の発表はどうでしょうか? 五十嵐監督とともに発表会場に潜入しました。


m136%20%284%29.JPG m136%20%282%29.JPG
「アニメが子どもに与える影響」の発表には、東京都青少年健全育成条例についての考察もあり突っ込んだ内容。現在の子どもたちの遊びについて、学童保育に通わせている保護者の方にもアンケートをとりまとめました。


m136%20%286%29.JPG m136%20%287%29.JPG
現代のキーワード「高齢者」「幼児」「食生活と健康」を総合的に捉えた研究。「離乳食について」「高齢者の宅配弁当について」高齢者向け宅配弁当産業の拡充を具体的に数値を出しての発表に「なるほど~」と感心しました。


m136%20%283%29.JPG
毎年作成される研究集録です。今年は283ページにもなり内容も充実しています。


 私の娘も本校の総合コース福祉選択に在籍し卒業研究を通して様々な学習に取り組むことができました。自宅には、昨年度の卒業研究集録があります。妹2人がそれを読んで「スゴイ! こういうのやりたい!」なんて無邪気に言っていました。きっちり取り組んだモノには、人を惹きつける何かがあるようですね。


 次回は、自然選択の発表です。

トラックバック(0)|投稿者:

受験生のみなさんお疲れ様でした。

2011.02.02

 昨日2月1日(火)は、本校の入学試験(一般入試)が行われました。受験生の皆さんお疲れ様でした。これまで準備してきたモノを、十分に発揮できたでしょうか? 面接試験で、入試を受けての感想を聞くと「全力を出し切れました」との力強い返答に頼もしさを感じました。


 当日は、他の私立高校も入試だったようです。凄まじい雪で入室時刻に間に合わない受験生もいて、全体開始時刻を30分程度遅らせた高校もあったと聞いています。東海では、午前7時40分にはすでに到着している受験生もいて、これ以上緊張状態に受験生をさらすことは得策ではないと判断。全体開始時刻はそのままにし、雪で間に合わない生徒には、予め準備していた別室での別日程受験に踏み切りました。とかく、遅刻者にばかり目が行きがちですが、他方にも配慮して柔軟に対応したり、予想して予め準備しておくあたり、さすが東海ですね。


m135.JPG
今朝の東海。昨日の雪が嘘のような青空です。


 採点から判定会議まで、今日は長い一日になりそうです。

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】