1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2011.02
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

 

仕上げが肝心 卒研発表会 【自然選択】

2011.02.22

 来週の今日は卒業式です。三年生は最後の仕上げ学習、高校生活三年間を締めくくる準備に大忙しです。


 前回の記事に引き続き、総合コース卒業研究発表会の模様をお送りします。今回は「自然選択」になります。


m136%20%288%29.JPG
東海の自然選択は「食文化と命」をメインテーマに掲げ、様々な体験、活動を通して自然界と我々人間との「共存」について広く考えを廻らせる学習をします。また、小学校とのコラボ学習も目玉になっています。


m136%20%2812%29.JPG m136%20%2810%29.JPG
卒業研究でお世話になった皆様をお招きして行いました。一般の方を目の前にして、普段は茶目っ気たっぷりの生徒も、緊張気味です。さくらんぼ栽培の一年を追った研究発表時に、お世話になったさくらんぼ農園の方から、ご意見と感想を戴きました。


 机上の学習も大切ですが、外部に出ていって一般の方と接することで社会的な躾を受けることも、この年代には大事なことですね。特に部活動をやっていない生徒にとっては… 私も数年前に2年間自然選択のアシスタントを担当しましたが、外部での学習を重ねるうちに逞しくなっていく姿を見て、東海の自然選択の学びは間違いじゃないなと実感したものでした。


 今後も、東海の「総合学習コースの学び」は目が離せません。

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】