1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2011.03
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

二者択一

2011.03.23

 雪が融けて、サッカー部恒例の「クリーン作戦」一発目を行いました。校舎から蔵王駅までの通学路を全員でさらって行きました。


 「雪は全てを覆い尽くしてくれる」どこかで聞いた名台詞のとおり、融けて出てきたのは、ポイ捨てされた可愛そうなモノ達。分別すれば「資源」、ポイ捨てすればみんなが手を出さない「ゴミ」。自分の意思で選択できない、二者択一。自分の事だったら辛いですよね。


291%20%281%29.JPG 291.JPG
断トツのゴミは吸殻。今だにポイ捨てする人いるんですね。現在営業していないコンビニの駐車場は凄まじかった。以外に乾電池も多かったです。


 雪といえば… 20世紀フォックスのロゴにまで降らせたエドワードの雪を思い出します。みんながエドワードのように純真無垢で、思いやりがあるならば、「ゴミ」にならずに、「資源」になったのでしょうね。

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】