1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2011.05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 

5月13日(金) 2年4組学級日誌

2011.05.13

今日は、野球の県大会開幕ということで、2人公認欠席でした。頑張ってほしいです!


「今年は、結果よりプロセス。でも、来年は何よりも結果です。部活でも、進路でも… 結果を出すために力を蓄えましょう。」


最初の学年集会において、担任挨拶で私が話した内容です。その力の蓄え作業として、積極的に活動しているクラスメイトがいます。


「ふれあい看護体験」ということで4組から1人、山形市内の病院に1日体験に行ってきました。


参加した生徒の感想より
…普段、長時間立ち続けていることがないので凄く疲れましたが、患者さんから「ありがとう」と言われたときは疲れも吹き飛ぶくらい嬉しかったです。今回たくさんのことを学ぶことができました。


ワープロ検定試験には、3名が申し込みました。
c20.JPG
今日、模擬試験用のテキストを配布しました。5教科以外の学習にも意欲的です。


「英語検定」には6人が申し込み、「公務員模擬試験」には、現在4人が申し込んでいます。英語検定は〆切が過ぎましたが、公務員模擬試験は月曜日が〆切です。自宅受験可能で、無料です。もっと参加者がいてもいいのではないでしょうか。


二者面談もいよいよ大詰めです。2年生のこの時期で進路に向けて動いている生徒が、10人以上いることに頼もしく思います。全力で応援します!

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】