1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2011.12
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

何となく切ないです

2011.12.28

今日のY新聞に羨ましい記事がありました。

c77.JPG
本校の清野春樹先生が、同人誌「梟」を創刊したというニュースです。


私が務め始めた15年前は、3学年主任としてデイリーで「学年通信」を発行されていました。サッカー部が東北大会で準優勝したときのニュースが載っている学年通信は、未だに持っています。

私教連県大会に教育実践レポートを毎年提出・発表されていると聞いて驚くと同時に、その内容の思慮深さ、斬新さは勉強になりました。ちなみに私は、2回しか発表していません。

教員一年目に寒河江で呑んだ帰り、左沢線での何気ない会話、私の原点ですね。


学びたい、色々な切り口を持ちたい、思慮深くありたい、誰でも持っている欲求だと思います。それを、地で行っている先生は、素敵です。


果たして皆川は、教諭として欲求を満たしているのか? このニュース嬉しいですが、何となく切ない…


我がクラスの大多数は昨年一年生の時に、清野先生に薫陶を受けているようで、大人気です。
その理由とても分かります。

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】