1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2013.01
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

研究授業 ~ユークリッドの互除法

2013.01.29

本日、数学科の研究授業が行われました。I藤先生が1年1組で実施した、数学A「ユークリッドの互除法」の授業を参観してきました。

本校では、セメスター制度をとっているため、1年前期で数学Ⅰを、後期で数学A、数学Ⅱを履修しています。そのため進度が他校と若干違っています。

20130129%20%282%29.JPG20130129%20%281%29.JPG
べきタイルを使っての説明にも力が入ります。


よく、数学的な考え方・解法で「次数下げ」や「既知に帰着させる(これは若干違いますが…)」などありますが、ユークリッドの互除法も最たるものですね。


私も先週、3組で同じような授業を行いました。早稲田大学の入試問題を例題にして、生徒に解いてもらいました。生徒は合格せんばかりの勢いで取り組んでいました。ちょっとしたモチベーションくすぐりですね。生徒は「あまりが主役! あまりが主役!」とぶつぶつ唱えていました。

放課後、事後研です。

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】