1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2013.03
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 

卒業おめでとう! 一晩明けて…

2013.03.02

先日の卒業式は、素晴らしかった。呼名に対する返事の溌剌さ、高らかに鳴り響く校歌、厳かな中にも暖かい雰囲気に包まれた体育館。どれをとっても一級品で、どこに出しても恥ずかしくない式となりました。来年度の卒業生にかなりプレッシャーを与えたのではないかと思われます。

20130301class%20%2814%29.JPG
卒業クラス文集も、文集編集委員の努力によって卒業式前日に完成しました。表紙は、クラスポロシャツのデザインになります。

感動的な最後のホームルームでは、一人一人のチカラ強いメッセージをプレゼントしてもらいました私の知らないところで動いていたようで、他にもプレゼントをいただきました。感謝感激です。

20130301class%20%2812%29.JPG
黒板型の色紙があるんですね。一つ一つのコメントが涙を誘います。

20130301class%20%2811%29.JPG
なんと、黒地にゴールドをあしらったウィンドブレーカーをいただきました。最近の流行りで細身のスタイルに私のだらしない肉体は収まらず。夏休みまでには、収まるようにシェイプアップします。約束ですね。

20130301class%20%283%29.JPG20130301class%20%2813%29.JPG
野球部の二人からは、キーホルダーをいただきました。東海のユニフォームのデザインがカッコ良いばかりでなく、バックプリントは、「KAZUHIKO」と「感謝」のロゴ。ありがとう。大事に使わせていただきます!

20130301class%20%289%29.JPG20130301class%20%2810%29.JPG
ホームルーム終了後は、思い思いにお世話になった恩師のところに出向き最後のお礼を伝えます。東海では、恒例で卒業式後の職員室は満員電車のようにごった返します。良い光景です。

20130301class%20%287%29.JPG
手創りのポケットティッシュケースをいただきました。これを作っている彼女の時間ごとプレゼントされたような気持ちで、目頭が熱くなります。

20130301class%20%288%29.JPG
最後まで教室に残っていたメンバーと、ラストの一枚。この制服を着て、この教室で、写真を撮るのもこれが最後。この笑顔と思い出を忘れずに、新しい冒険に旅立ってほしいです。


20130301class%20%282%29.JPG
私は、生徒だけでなく保護者の方にも恵まれました。当たり前ですよね。生徒が素晴らしければ、当然保護者も素晴らしい方が勢ぞろいします。祝賀会の後、4組の二次会にて感謝状をいただきました。また断っていたプリンもいただきました。生徒の門出を祝して、けじめとしてプリンを食べました。そしてまた、プレゼントされたウィンドブレーカーを着用するために、「プリン断ち」を続けます。

夢のような一日が目の前を通り過ぎました。やはり時間は許してくれません。今は、職員室でキーボードに向かっています。窓には昨日の晴天が嘘のように雪が舞っています。アルコールによる気怠さと、祭りの後のような淋しさが私を覆っています。今日一日ぐらいはセンチになっても、神様は許してくれますよね。この楽曲と涙で、心を洗って明日へ切り替えようと思います。


2012年度東海大学山形卒業生のみんな、卒業おめでとう。みんなとの出会いに、心から感謝です。

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】