1973年山形市に生まれる。数学科教諭。多感な幼少期を新潟は万代橋の袂で過ごす。1996年山形大学教育学部卒業後、本校に勤務。同年、結婚。現在3人の娘の父親である。高校教諭として数学の素晴らしさを生徒に伝える傍ら、CM出演、東海大学山形サッカー部のブログ管理など、活躍の場を広げている。趣味は、読書。
2014.06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 

学級日誌より

2014.06.02

先週の金曜日から山形県高校総体(ソフトテニス、サッカー)が開幕しました。本校サッカー部は土曜日が初戦ですが、私はサッカー競技の県高体連理事をしているために一日早く大会運営に参加してきました。したがって金曜日は、一日クラスを空けることになりました。

以下は、その日の学級日誌当番所見です。
nissi.JPG

準々決勝で見事勝利し準決勝に進んだ(今週土曜日)ことは本当に嬉しいのですが、大会運営、クラス経営、試合などで心身ともにクタクタになって日曜日の夕方職員室に戻って、机上においてあった学級日誌にコメントしようと開いてみたら、こんな素敵な一文が…

一気に疲れは吹っ飛びました。帰りのカーラジオからはこんな楽曲が流れてきました。

今夜だけは、心地よい疲労感かもしれませんね。

トラックバック(0)|投稿者:

 

【ページの最上部へ】