« 2010年12月 | メイン | 2011年02月 »

2011年01月 アーカイブ

2011年01月14日

☉防寒対策を☉

 新年早々カメラ紛失事件を起こしてしまいましたが、無事見つかって2011年初のブログを更新することができ、ほっとしているところです。
           juhyou1.jpg

 ところで、いよいよ明日からセンター試験が始まります。韓国の受験大戦争とまではいかなくても、日本でだって一大イベントですよね。受験生のみなさんの緊張感はピークに達していることでしょう。
 こんなとき、私たちは「緊張しないで、リラックス、リラックス」と言うことが多いですが、力を発揮するには適度な緊張感が必要だと言われています。 試験で力を発揮できないときというのは、緊張しているときよりもむしろ『緊張⇒リラックス』のときで、例えば、初めて見る問題よりも「あ、この問題やったぞ!」というときの方がミスをしやすいということでした。緊張感が適度なレベルを超えて『あがった』状態になるのは困りますが、緊張が全くの敵というわけではないんですね。
 明日の山形市は朝から雪、明後日は雪&暴風の予報が出ています。暖かい格好をして試験会場には早めに着くようにしましょう。 今はハラマキパンツや男性用レギンスなど発熱素材の衣類がたくさんありますので、それらを活用するのも良いですね。指先を暖めるにはやはりホッカイロは欠かせません。
 また、睡眠は体の抵抗力をupさせるとともに、脳内の記憶が整理されますから、今夜はホットミルク(睡眠の質が良くなると言われています)を飲んで早めに寝て明日に備えましょう。

2011年01月28日

?ウイルス?細菌?

 インフルエンザの流行が始まり、今週、県では警報を発令しました。
 
 ところで、インフルエンザは通常“インフルエンザウイルス”に感染することによって起こるものです。「そんなの知ってるよ~」と思ったあなた、間違っても「インフルエンザ菌うつった!」とか言ってませんよね?
 ウイルスと細菌の違いって、実はあまり知られていません。「“菌”を英語で“ウイルス”って言うんでしょ?」と思っている人も少なくないようです。
    img_illust_den1.jpg
       Copyright(C)2007 Taiko Pharmaceutical Co.,Ltd. All Right Reserved.
 ウイルスと細菌の違いは大きさだけではありません。
 細菌は人の体内に定着すると細胞分裂で自己増殖して人の細胞に悪さをしますが、ウイルスの場合は独りでは増殖することができず、生きた人の細胞に入って初めて増殖することができます。
 細菌は自立できていて、ウイルスは自立できていない…といったところでしょうか?
 他にも細胞壁(膜)の有無や、抗生物質の効果の有無など色々と違いがあります。

 ということで、インフルエンザは確かに“ウイルス”によって起こるものなのですが、実は“インフルエンザ菌”というのも存在するのです。これは、今から200年以上前のインフルエンザ流行時に発見された細菌なのですが、後にインフルエンザとは無関係だということがわかり、名称だけが残ってしまいました。

 低体温や睡眠不足、栄養バランスの崩れ、過剰なストレスなどによって抵抗力が弱まりやすいこの時期は、インフルエンザや風邪、感染性胃腸炎などの原因菌やウイルスが、大変活動しやすくなっています。しっかり予防をして、この冬を乗り切りましょう✿

About 2011年01月

2011年01月にブログ「teacher6_y」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34