« 2011年12月 | メイン | 2012年03月 »

2012年01月 アーカイブ

2012年01月12日

*明後日からセンター試験が始まります*

遅くなりましたが新年を迎えて初の更新です。
皆さま、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


さて、近頃大変寒い日が続いていますが、体調はいかがですか?
風邪・インフルエンザが流行していますので、体調管理には十分気をつけてくださいね。
特にタイトルにあるように明後日にはセンター試験が控えています。
気をつけてほしいことは3つ◎
・ご飯を3食よく噛んで食べる。
・お風呂は湯舟に浸かる。
・前日は早めに就寝し、ぐっすり眠って記憶を整理させる。

あとはこれまで努力してきたことを出し切るのみです。
受験番号・名前の書き忘れや解答欄の間違いにだけ注意して、自信を持って挑んで下さい。

 受験中は頭寒足熱が重要!
足先が冷えますので、靴用のホッカイロはおススメです☆
実は最近、私凍瘡(しもやけ)を起こしまして、靴が履けないほど足の指が赤く腫れてしまいました( ̄益 ̄;)頭寒足寒になってしまったようです。。
これからますます寒くなってきますが、制服の中に温かいインナーを着るなどしてこの冬を健康で乗り切りましょう♬

2012年01月24日

*冬といえば・・・*

スキー!
ということで、今日は健康スポーツの2年生が蔵王横倉へスキー実習に行きました。
天候にも恵まれ、さぞ充実した実習になったことでしょう。


 そして、冬といえばやけどを起こしやすい季節でもあります。
特に湯たんぽやホットカーペット、ストーブなどで起こす「低温やけど」は多く、これらは熱いやかんなどを触ったときに思わず手を引っ込める“逃避反射”がうまく機能しないため、または熟睡中などで知覚が鈍っているためになります。
低温とは言え、水ぶくれができたり皮膚がただれたりと症状は普通のやけどと変わりません。熱くないから大丈夫~♪と安心せず、熱源が皮膚に長時間接触しないよう気をつけましょう。


 また、凍傷もやけどの仲間で、0℃以下の寒冷に一定時間以上さらされたときに発生します。日常生活の上ではほとんど見られず、冬山登山や猛吹雪のスキー場などで起きます。
 一方、これとよく間違えられるしもやけ(凍瘡)ですが、これはある体質を持つ人がおよそ5℃前後で皮膚の血行障害を来たして起こるものです。実は、しもやけを起こしやすい体質は、遺伝が関係していると考えられているのです。
   image%5B3%5D.jpg     simoyake.jpg

う~ん・・・暖かいのも長時間は危険、0℃以上でもしもやけの危険が・・・。
保温は必要だけれど換気も大切だし保湿も重要・・・。
冬の管理は難しいですね~。

About 2012年01月

2012年01月にブログ「teacher6_y」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34