« 2013年11月 | メイン | 2014年01月 »

2013年12月 アーカイブ

2013年12月04日

✫臨床美術(クリニカルアート)✫

昨日、研修会のため東北芸術工科大学へ行って参りました。
          DSC_1973.jpg
そこで初めて耳にした「臨床美術(クリニカルアート)」という言葉。
作品をつくることが五感(見る・触れる・嗅ぐ・味わう・聴く)への刺激リラックスできるコミュニケーションを生み出し、脳が活性化され、
感性の目覚めや回復、心が解放されることはもちろん、生きる意欲や潜在能力を引き出すことにも効果があると言われています。
小さな子どもからお年寄りまで、年齢も上手い下手も関係なくできるアートプログラムです。
と、いうことで、私とT先生もさっそくチャレンジしました。
          DSC_1970.jpg
音楽を聴きながら、ストレッチをしながら、クレヨンや楊枝、指など色んなもので自由に描いてみると、それなりに見えてきて、T先生とも楽しい会話で盛り上がる。そんなクリニカルアートという素敵な体験ができました。
     crdutmmb.jpg
     T先生と私の作品…近くで見ると???という感じですが。  
DSC_1972-1.jpg
     こうやってみなさんの作品に紛れると芸術的に見えますね。


piytiut.jpg
東北芸術工科大学が高台にあるため、帰り際にはこんな綺麗な夜景を見ることができました✫✫✫

2013年12月10日

✉便秘と低体温✉

 人が健康に生活を送るには、快食・快眠・快便 が最高の条件と言われています。
 便というのはそのときの体調を教えてくれる、その名の通り「身体からの便り」です。その便りがなかなか届かない便秘は、自らの生活が生み出している症状であることがおおいに考えられます。
 平成10年~23年における大学生を対象とした調査で、3日以上排便がない状態が日常的である人を「便秘群」そうでない人を「非便秘群」としたとき、この2つの群の大きな差は
✡朝食の欠食  ✡就寝時間  ✡ダイエット経験の有無  ✡ストレス度
に現れました。意外にも、2つの群の間では野菜などの食物繊維の摂取量に大きな差はありませんでした
gjfhrt.jpgtyjrt.jpgtrth.jpgjtykjmg.jpg

 また、最近体調不良を訴えて保健室に来る生徒に共通することと言ったら低体温です。平熱36℃未満の生徒がほとんどです。
体温低下⇒代謝が悪くなる⇒体の機能低下⇒様々な病気を引き起こす
といったサイクルができてしまっているようです。
 「低体温群」と「非低体温群」でみるとこれもやはり
✡朝食の欠食  ✡就寝時間  ✡ダイエット(やせ)  ✡シャワー浴
が関わっています。
gjfhrt.jpgtyjrt.jpgjktyk.jpgtherh.jpg

生活をチェックし直し、健康なTOKAI生になりましょう♬fgdhgr.jpg

2013年12月11日

♡AED講習会♡

 今日は日本赤十字社山形県支部の岩瀬さんによる、本校教職員向けのAED講習会が行われました。
 はじめに、何も聞かされないまま「さぁ、心肺蘇生法をやってみましょう!」と言われ…
efwe1.jpgphhi3.jpg014reegw.jpg
『こうでしたよね。』「あ!そうそう、それそれ!」『いや、これはこうだったような…』


このいきなりの実践の後に岩瀬さんの基礎講習が始まりました。
AEDは“自動体外式除細動器”と言って、心臓の一定のリズムが何らかの原因で細動つまり痙攣してしまっているその痙攣を除く機器です。
と、いうことは、心停止のときにはAEDは作動しないのです。
ですから、まず基本的には心臓マッサージ(+人工呼吸)、これが最も重要です。
1分に100回のペースで胸の中心部を手掌基部で5cmへこむぐらいに圧迫します。人工呼吸ができる場合は気道を確保し相手の鼻をつまんで胸部に空気を送り込みます。
rgegr3.jpgfrerh1.jpggerg2.jpg
AEDが来て装着するまで、AEDが心電図解析をしてショックを与えた直後から次の解析が始まるまで、救急車の到着を待つ間は絶え間なく心臓マッサージ30回+人工呼吸2回を行います。絶え間なく行う理由は、心臓を動かして脳へ血液を送る必要があるからです。
「AEDをしたからOK!」では、全くないんですね。
と、学んだ後は即実践!!!
erherw1.jpggrgr2.jpgeqefge3.jpg
rgwerg4.jpgoiuyiuo5.jpguigh6.jpg
 救急車が来るまでの時間(おおよそ8分間)AEDも使用し数人で交代もしながら、絶え間なく心肺蘇生を実践することができました。数時間前の動作とは雲泥の差です。

 今後目の前で意識を失って倒れている人に出くわしても、今日学んだ知識と技術を活かして自信を持ってできるようにいつでもなっていたいと思います。
   yitfn.jpg ←I先生による吐物の誤嚥を防ぐための体位

 ますます頼れるTOKAI教職員を目指しています☞☆☆☆

2013年12月20日

☃昇降口を出るとそこは白銀の世界…☃

 先ほど、全校集会が行われました。明日からいよいよ冬休みですね☃
外では雪が降り続いています。気をつけて帰宅してくださいね。
       DSC_1996.jpg

 みなさんは冬休みの計画、立てましたか?
先日3学年主任のN先生から、さくらんぼテレビの「未来への軌跡」という冊子をいただきました。高校3年生のみんなが生まれてから現在に至るまでの18年間の、世の中の動きがまとめられているものです。
       DSC_1997.jpg
生まれた年は野茂選手が米大リーグで新人王になり、阪神・淡路大震災もありました。
歩けるようになってきた1歳のときは村山内閣から橋本内閣へ
5歳のときは河北町出身の大泉逸郎さんの「孫」が大ヒット…etc. 色々ありましたね。

そして、その中にこれから冬休みを迎える1~3年生にとても参考になることがありましたので、久しぶりのWB(ホワイトボード)登場です。
grgweg.jpg①自己主張は大切だけど炎上するような内容をネットに載せないこと
uyrc.jpgDSC_2002.jpg
う~ん。絵はまぁまぁですが問題は字ですね。練習します。


 高校生のみなさん、目的意識を持って、決められた時間を大切に、有効に使いましょう✡
冬休み明けにまたみなさんの笑顔を見ることができるのを楽しみにしています。

About 2013年12月

2013年12月にブログ「teacher6_y」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34