« ✉便秘と低体温✉ | メイン | ☃昇降口を出るとそこは白銀の世界…☃ »

♡AED講習会♡

 今日は日本赤十字社山形県支部の岩瀬さんによる、本校教職員向けのAED講習会が行われました。
 はじめに、何も聞かされないまま「さぁ、心肺蘇生法をやってみましょう!」と言われ…
efwe1.jpgphhi3.jpg014reegw.jpg
『こうでしたよね。』「あ!そうそう、それそれ!」『いや、これはこうだったような…』


このいきなりの実践の後に岩瀬さんの基礎講習が始まりました。
AEDは“自動体外式除細動器”と言って、心臓の一定のリズムが何らかの原因で細動つまり痙攣してしまっているその痙攣を除く機器です。
と、いうことは、心停止のときにはAEDは作動しないのです。
ですから、まず基本的には心臓マッサージ(+人工呼吸)、これが最も重要です。
1分に100回のペースで胸の中心部を手掌基部で5cmへこむぐらいに圧迫します。人工呼吸ができる場合は気道を確保し相手の鼻をつまんで胸部に空気を送り込みます。
rgegr3.jpgfrerh1.jpggerg2.jpg
AEDが来て装着するまで、AEDが心電図解析をしてショックを与えた直後から次の解析が始まるまで、救急車の到着を待つ間は絶え間なく心臓マッサージ30回+人工呼吸2回を行います。絶え間なく行う理由は、心臓を動かして脳へ血液を送る必要があるからです。
「AEDをしたからOK!」では、全くないんですね。
と、学んだ後は即実践!!!
erherw1.jpggrgr2.jpgeqefge3.jpg
rgwerg4.jpgoiuyiuo5.jpguigh6.jpg
 救急車が来るまでの時間(おおよそ8分間)AEDも使用し数人で交代もしながら、絶え間なく心肺蘇生を実践することができました。数時間前の動作とは雲泥の差です。

 今後目の前で意識を失って倒れている人に出くわしても、今日学んだ知識と技術を活かして自信を持ってできるようにいつでもなっていたいと思います。
   yitfn.jpg ←I先生による吐物の誤嚥を防ぐための体位

 ますます頼れるTOKAI教職員を目指しています☞☆☆☆

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.pr.tokai.ac.jp/tk/mt-tb.cgi/3529

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年12月11日 16:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「✉便秘と低体温✉」です。

次の投稿は「☃昇降口を出るとそこは白銀の世界…☃」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34